災害避難者の人権ネットワーク

Network for Human Rights of Disaster Evacuees  

カテゴリ: 演劇

劇団 DULL-COLORED POP
第20回本公演「福島3部作・一挙上演」
http://www.dcpop.org/vol20/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/80337930.html

大阪憲法ミュージカル(9月14日から上演)
憲法のレシピ
https://osakakenpomusical.amebaownd.com/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/77475196.html

(チラシより)
大阪憲法ミュージカル 2017
http://osaka-musical.webnode.jp/

「無音のレクイエム」 チケット絶賛発売中!!!
10 月 6,7,8,9 日,各 2 回公演
場所 大阪ビジネスパーク円形ホール
http://www.kanden-kaijyou.jp/access.html
大阪市中央区城見 2-1-61
 

あの時の戦争前夜に立ち会う。
何が起きたのか,何を思ったのか。

昭和初期,ところは大阪千日前。
活動弁士を夢見る明,作家を目指す貞夫,彼らを応援する三智子。
戦争に翻弄されながら生きる,日米開戦,出征,大阪大空襲・・・夢を語る事すら止められた。
無声映画から歌が,音楽が,笑い声が,聞こえてくる。

 
一般 3,500 円
大学生・高校生 3,000 円
中学生以下,障がい者 2,000 円
当日券はプラス 500 円

主催:大阪憲法ミュージカル
後援:大阪弁護士会,大阪府,大阪府教育委員会,大阪市,大阪市教育委員会
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/72429121.html

創作劇「避難ママの選択~愛する命を守りたい~」
作・演出 さぶり寛太郎


あらすじ
原発事故後,こどもを放射能被害から守るために,木崎佐智子は,夫が福島に残り,家族離ればなれの母子避難を選択せざるを得なかった。避難先,見知らぬ土地大阪での孤独と,福島との二重生活に苦しむ佐智子。精神的にも破綻しかかっていたとき,「避難者の会」の交流会に出席し,自分と同じように子どもの命を守るためにこの大阪に避難し,同じように苦しんでいる仲間たちと出会う。その中から,「原発賠償関西訴訟団」に加わり,国や東電相手に「避難の権利」が憲法上の権利であることを認めさせる闘いに立ち上がっていく。


8月2日(土)
大阪市立こども文化センター
大阪市西区北堀江4丁目2−9
http://www.ko-bun.jp/access.html
昼: 開場 13:30,開演 14:00
夜: 開場 18:00,開演 18:30
前売り 2,000 円(当日 2,300 円)
障害者 1,500 円
中学生以下無料


記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/9763236.html

↑このページのトップヘ