災害避難者の人権ネットワーク

Network for Human Rights of Disaster Evacuees  

カテゴリ: 出版情報

「まりなちゃん」というアカウントのツイートをときどき読むと,日本の現状を的確に分析しているように感じる。その人が本を宣伝しているので読んでみることにした。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ツイッターのアカウント
まりなちゃん
@t2PrW6hArJWQR5S
(株)白馬社の広報担当として秋嶋亮の「ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ」シリーズの普及を目指し情報を発信しています。反グローバリズムの編集者。ライター経験もあります。白馬社の書籍は各種オンライン書店の他、ネットゲリラ(豆州楽市)さんのサイト http://my.shadowcity.jp で購入できます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「ニホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ」響堂雪乃
  ――15歳から始める生き残るための社会学 
  2017年3月20日第一刷 ISBN978-4-907872-14-4
「続・ニホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ」秋嶋 亮(旧名・響堂雪乃)
  ――16歳から始める思考者になるための社会学 
  2019年6月10日第一刷 ISBN978-4-907872-26-7
いずれも株式会社白馬社 http://www.hakubasha.co.jp
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
続きを読む

国際法を物語る I ―― 国際法なくば立たず(2018年11月,137p.)
国際法を物語る II ―― 国家の万華鏡(2019年4月,129p.)
国際法を物語る III ―― 人権の時代へ(2020年6月,120p.)
出版:株式会社朝陽会

続きを読む

岩波新書「コロナ後の世界を生きる――私たちの提言」
村上陽一郎編
https://www.iwanami.co.jp/book/b515753.html

2011 年には福島原発事故が起き,2020 年には新型コロナウイルスの流行に直面することになった。あらゆる場面で人と人の接触が避けられるようになり,集会や音楽活動の中止,観光業の倒産や飲食業の閉店,失業者の増大など,未経験の事態になっている。
いつかコロナ後の世界をむかえたとき,どんな世界になるのだろうか? 悪いシナリオを考えるときりがない。その不安から脱出する手がかりをつかみたいという思いで,この本を手にとってみた。
続きを読む

緑風出版 荻野晃也[著]
身回りの電磁波被曝─その危険性と対策

副題:日本の民主主義を変えるために
「あとがき」で編著者の白石孝さんはつぎのように書かれている。(以下引用)
日本では韓国について,あまりにもフィルターがかかった主観的報道や書籍が多く,事実が正確に伝えられていません。評価は読者にゆだねるとして,まず事実を知っていただきたいと考え,構成を考えました。そのとき重視したのは,日本社会をこれからどうしていくかの手がかりとして受けとめてほしいという思いです。朴元淳市政や文在寅政権の論評や分析に力点を置くのではなく。自分は,自分たちは何をするのか,一人称で語ろうではありませんか。(引用ここまで)
まさにこの視点が大切とおもわれる。

続きを読む

「友だちを助けるための国際人権法入門」申 惠丰(シン ヘボン)
版元ドットコム
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784877144869
続きを読む

合同出版
災害ケースマネジメント◎ガイドブック
https://www.godo-shuppan.co.jp/book/b498063.html

同書 p.222 から,第 78 項「被災者生活再建ノート」という日弁連のアイデア,と題する説明があり,「日弁連 被災者生活再建ノート」で検索すると入手できることが説明されている。

日本弁護士連合会
被災者生活再建支援ノート(2019年10月18日補訂版) (PDFファイル;906KB)
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/pamphlet/saiken_note.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
p.234 から,第 81 項「被災者支援チェックリスト」の説明で紹介されているサイト
弁護士永野海 法律と防災のページ
被災者支援チェックリストと被災者生活再建カード
http://naganokai.com/sien/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/82175894.html

出版情報
せせらぎ出版
ありのままの自分で -東日本大震災・福島原発事故を体験した母娘の選択-
https://www.seseragi-s.com/shopping/?pid=1580121385-599759
続きを読む

グロイブ,ラルフ〈Graeub,Ralph〉/スターングラス,アーネスト・J.【著】〈Sternglass,Earnest J.〉/肥田 舜太郎/竹野内 真理【訳】
人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784871541008
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/82040026.html

FC2 記事の裏だって伝えたい
「私が入管を辞めたワケ」。18年間勤務した入管は、いつからかブラックボックス化し、情報も出さない、説明もしない、非人道的な組織へと変貌した。今年3月末で入管を辞職した木下洋一さんは今「入管問題救援センター」を立ち上げ、入管の是正を目指して活動している。
●岩波書店の月刊「世界」に記事掲載予告
 11月8日。岩波書店の月刊「世界」
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/blog-entry-667.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/81382948.html

↑このページのトップヘ