毎日新聞 特集ワイド (2020年5月28日)
この国はどこへ コロナの時代に 作家 星野智幸さん 「自粛警察」の悪夢
https://mainichi.jp/articles/20200528/dde/012/040/018000c
(記事より)・・・その土壌づくりを後押ししたのは、政治の不作為、と星野さんは指摘する。「政治権力者が強権を振りかざし、多くの住民の声を無視し、恫喝(どうかつ)することで、わが意のままに物事を動かす。それが安倍晋三政権の7年半でした。権限を持つ者から持たざる者への一方通行の組織運営。それが今や行政、会社、学校現場など日本の隅々にまで波及しています」
■人物略歴

星野智幸(ほしの・ともゆき)さん
 1965年、米ロサンゼルス生まれ。早稲田大卒。新聞社勤務を経てメキシコに留学。97年「最後の吐息」で文芸賞を受賞しデビュー。2011年「俺俺」で大江健三郎賞、15年「夜は終わらない」で読売文学賞、18年「焰(ほのお)」で谷崎潤一郎賞。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/83053550.html