報告
神戸地裁第2民事部 N さん(79歳)の裁判について
借上復興住宅弁護団 ほか

パネリスト
塩崎 賢明 氏 (立命館大学政策科学部 教授、神戸大学 名誉教授)
津久井 進 氏 (弁護士、一人ひとりが大事にされる災害復興法を作る会 共同代表)
市川 英恵 氏 (借上復興住宅書籍「被災者のニーズと居住の権利」著者)ほか


日時 2017年8月11日(金・祝)
14:00~16:00(開場 13:30)
場所 兵庫勤労市民センター 講習室
JR 兵庫駅 北側 徒歩3分
https://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/hyogo/index.html
参加無料
主催 借上復興住宅弁護団
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
神戸新聞 NEXT (2017年8月1日)
借上復興住宅 20年目の漂流 (3)入居許可書
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/19/rensai/201401/0006634133.shtml
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(集会の趣旨は続きの記事へ)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
当日の午前に公開学習会が追加企画されました。(8月4日)

日時 2017年8月11日(金)午前11時半~午後1時半。
場所 兵庫県勤労市民センター(JR 兵庫駅北側徒歩3分)2F第6会議室。
報告テーマ及び報告者 「ネパール地震の現状と課題」吉田邦彦氏(北大法学研究科教授)。無料。
http://starsdialog.blog.jp/archives/72059954.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(趣旨)
借り上げ復興住宅「終の棲家」裁判の公正かつ慎重な審理と判決を求める集会です。
 神戸地方裁判所第2民事部で審理中の平成28年(ワ)2173号建物明渡等請求事件について、2017年7月11日における結審・判決言渡を撤回していただくとともに、入居に至る具体的な経緯や入居者の実態も審理していただいた上で、公正な判決をしていただくように求めます。

 2017年7月11日の口頭弁論期日において、裁判所は、被告本人の尋問どころか、被告本人の事情に関する主張も必要ないとして、次回期日以降の被告の主張立証を許さず、何の予告もなく、突然結審し、10月10日に判決を言い渡すと宣言されました。

 被告の事件は、他の借り上げ復興住宅の事件と異なり、入居許可書に、借り上げ期間の記載があるという特徴はありますが、私たちが被災入居者を支援してきた中で知る限り、原告である神戸市は、平成21年までは、借り上げ復興住宅を21年目以降も継続する方針でいましたし、少なくとも、借り上げ期間が到来した段階で、全て退去させるという方針をとっていませんでした。
 中には、入居許可書に借り上げ期間の記載があっても、借り上げ期間が到来した際に、追い出すようなことはしないと神戸市職員が説明した事例も聞いております。

 私たちが、借り上げ復興住宅の被災入居者を支援してきて裁判所に申し上げられることは、実際に、被告が神戸市の職員からどのような説明を受けたかという事実の審理が極めて重要であるということです。

 被告が、当時、どのような説明を受けたのかという審理を省き、行政の「制度」にすぎないとして切って捨てるような訴訟指揮は人権保障の最後の砦としての司法の職責を放棄するものであり、公正な判決はあり得ないと考えております。

 前回期日において、被告の弁護団からは、被告の個別の事情を主張する予定であると発言しておりました。
ぜひ、被告が、現在の借り上げ復興住宅に入居する際に、どのような説明を受けたのかについて審理をしていただきたいと思います。

また、被告は、現在、79歳であり、最近も入退院を繰り返すなど、「終の棲家」である借り上げ復興住宅において、単身で懸命に生活をしている者であると聞き及んでおります。
 被告は、きちんと家賃も支払い、追い出されるようなことは何一つしていないとも聞いております。

これまで、歴代の神戸市長、副市長、住宅都市局長は、借り上げ復興住宅を訪問し、生活している入居者の話を聞いたことはありません。
 阪神・淡路大震災の被災自治体である神戸市が、どのような生活をしている入居者の立ち退きを求めているのかを知ることはとても重要なことだと考えています。裁判所におかれては、ぜひ、被告の声に耳を傾けていただきたいと思います。

ちなみに、借り上げ復興住宅の裁判は、神戸地方裁判所において多数の事件が審理されていますが、どの事件も入居者の意見陳述が行われ、入居者の本人尋問も予定されながら審理が進められています。

 借り上げ復興住宅の入居者がどのような生活状態にあるのか、どのような入居者が退去を求められているのか、ぜひ、本人尋問を実施し、原告たちの生活に関する切なる声に耳を傾けていただきますようお願いいたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/72012745.html