(カトリック正義と平和協議会より)
【チェルノブイリからゲストを迎えての研修会&交流会】

 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。そして残念なことに25年目の2011年3月福島第一原子力発電所の事故が起きてしまいました。今回、チェリノブイリからゲストを迎え、その経緯や現状のお話を聞き、福島からの避難者や支援者と交流を深めることができるように企画しました。是非ご参加ください。

 
★日時: 2015年11月23日(月曜日祝日)
開場 13:30 開始 14:00~16:45
14:00~16:00 チェルノブイリのゲストのお話
 ベスパーロヴァ・スヴィトラーナさん(女医)
 クラシツカ・タマーラさん(市民団体代表)
16:00~16:45 質疑応答・交流

 
☆ベスパーロヴァ・スヴィトラーナさんのプロフィール
ロシアのサマーラ市出身。ウクライナのオデッサ医科大学を卒業。1982 年~83 年、チェルノブイリ市で小児科医として働き、その後プリピャチ市に住みかつ勤務。チェルノブイリ事故後キエフに住み、デスニャンスキー地区小児中央外来病院にて、チェルノブイリ被災児童を担当するセクションの主任医師として勤務。

 
☆クラシツカ・タマーラさんのプロフィール
ウクライナのクリヴォイ・ローグ市出身。音楽専門学校卒業後、文化会館児童部の主任として働く。1980 年よりプリピャチ市に住み、同市文化会館の広報課課長として勤務。チェルノブイリ事故後キエフ市に在住。1987 年より、チェルノブイリ被災者の慈善市民団体「ゼムリャキ(同郷人)」代表」

 
★会場: 主婦会館プラザエフ: BF2 クラルテ
〒102-0085 東京都千代田区六番町 15
 • JR 四ッ谷駅 麹町口から徒歩 1 分
 • 東京メトロ 四ッ谷駅から徒歩 3 分

★参加費無料・申込不要

主催: きらきら星ネット(大震災・原発事故による避難者・被災者を支える民間グループ)
   連絡先:メール kirakiraboshinet@gmail.com
        電話  03-6428-6655(平日11-17時)
協賛: 平和を願う草の根グループ 「えんどうまめ」
平成27年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/47927918.html