(転載)
核と人権,非核未来を考える(関西反核講座:第 2 シリーズ)
第 4 回 「世界の核被害者と人権」(案内)

 
講師: 振津かつみ(チェルノブィリ・ヒバクシャ救援関西)
日時: 2015 年 11 月 1 日(日) 13:30-16:30
会場: 大阪市立市民交流センターなにわ 104
大阪環状線芦原橋駅徒歩 2 分,TEL: 06-6586-0791
http://kouryuu-naniwa.com/

(チラシより:要約)
講師の振津かつみさんは「核被害者世界大会」や「世界ウラン公聴会」,「永久人民法廷」をはじめ,核被害者に関する多くの国際会議に参加し,また定期的にチェルノブィリ被災地や先住民の居住地を訪問し,交流を重ねてきました。そして 2011 年には「世界ウラン公聴会」が契機となって設けられた「非核未来賞」を受賞されました。
今回の講座では核被害者の立場にたって,世界の核被害者の被害や生活などの現状,および彼らの健康,医療,生活保障,人権要求を総括的に報告してもらいます。
そして,専門家としての見識と被災地との交流に裏づけられた報告をうけ,フクシマと世界の核被害者の人権の確立や実現にいかに活かしていくかを議論したいと思います。

主催:科学技術問題研究会
協賛:原発の危険性を考える宝塚の会,若狭連帯行動ネットワーク,ヒバク反対キャンペーン,地球救出アクション97,チェルノブィリ・ヒバクシャ救援関西
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/43970448.html