災害避難者の人権ネットワーク

Network for Human Rights of Disaster Evacuees  

2020年07月

(お礼文)
お支えくださる全てのみなさまへ

沢山の皆様に支えられて、無事、コロナ禍の中での
原発賠償関西訴訟第26回口頭弁論期日を終えることが出来ました。本当にありがとうございます。

厳しい人数制限の中での公開法廷、
ウィルス感染の危険をおかしても大阪地裁まで駆けつけてくださった皆さま、
抽選漏れで法廷に入れなかったみなさまのために、
細心の注意を払い、こちらも人数制限のなか模擬法廷をご準備くださった弁護団・サポーターの皆さま、そして、模擬法廷・報告会をリモート配信できるよう、
あらゆるご準備にご尽力くださった皆さま、
それを告知してくださった皆さま、
リモート参加してくださった皆さま、
お支えくださった全ての皆さまに、
心より感謝申し上げます。

新型コロナウィルス感染症の拡大真っ最中のなか、
できることを諦めないでご一緒に歩んでくださったすべての皆様に心から敬意と感謝と御礼を申し上げます。

法廷で読み上げさせていただいた意見陳述書を再現・公開いたします。

意見陳述書はどうぞ、ご自由に転載・転用してくださって大丈夫です。
東電福島原子力惨禍の被害の実相が一つでも正確に世の中に伝わるよう、
これからも、言論を止めず、被害の実相と被害の本質からブレずに訴えを続けて参りたいと思います。

コロナ禍の中での大切な「ふつうの暮らし」を守ることと
私たちが手放してはいけない「権利」は何かが、
よりクリアになっていると思います。

また、次世代が確実に成長し、私たち大人の背中をしっかりと見てくれいていること、
多くの皆さまとともに訴え続けてきた9年の成果だと確信できる口頭弁論期日でもありました。
本当に、日々のお支え、ありがとうございます。
引き続き、どうぞご一緒に歩んでください。

原発賠償関西訴訟原告団代表 森松明希子

(意見陳述は続きの記事へ)
続きを読む

ニコニコニュース (2020年7月30日)
「今すぐ国会を招集し特措法改正を。今が最後のチャンス」感染拡大抑制へ東京都医師会が“心からのお願い”

中国新聞 (2020年7月29日)
「黒い雨」訴訟 84人全員被爆者と認める 広島地裁判決

日刊ゲンダイ (2020年7月29日)
日本の検査件数は世界159位 法改正阻む厚労省と分科会の罪


続きを読む

東京新聞
<ふくしまの10年・無人の街を撮り続けて>(1)被写体を被災地に変え

(参考)
TBS NEWS (2020年7月28日)
【独自】証言“検査難民”の実態、PCR受けられず
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4039070.html
(要約)
7 月 27 日,愛知県ではあらたに 76 人の感染を確認。そのうち約半数が名古屋市。
感染が疑われるのに PCR 検査を受けられない。第一波と同じ状況がいま起きている。
名古屋市の 20 代女性:嗅覚がマヒし,39.4 度の高熱があったが,保健所からは「あなたは近くに濃厚接触者もいないし,若いし,軽症なので,検査の対象にはなりません」と言われた。発症から 5 日目にようやく検査を受けられ,陽性と判定されたが入院先がなく,家族同居のまま自宅待機だった。検査数をふやしてほしい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

続きを読む

togetter (2020年7月26日)
【PCR検査活用の勧め】
日本医師会COVID-19有識者会議 中間報告書解説版(2020.7.22リリース) #新型コロナは

YouTube
原発賠償関西訴訟原告団期日案内(20200730)

YAHOO! ニュース (2020年5月29日)
非常時の不安が招く「コロナいじめ」 原発避難の教訓から考える4つの対策【#コロナとどう暮らす】

BLOGOS サンドラ・ヘフェリン(2020年7月23日)
「コロナ感染は自業自得」世界で最も他人に冷たい日本人の異様さ

↑このページのトップヘ