災害避難者の人権ネットワーク

Network for Human Rights of Disaster Evacuees  

2016年09月

OurPlanet-TV 
(2016年7月15日)
「追い出さないで」国立競技場の隣接アパート住民が都に要望
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1807
(2016年5月18日)
アパートを強制封鎖~五輪に向け、都が工事強行
http://ourplanet-tv.org/?q=node/2046
(2016年2月3日)
「飲料水なし」生活強いられる住民~新国立建設で立ち退き
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2024
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66246620.html続きを読む

毎日新聞 (2016年9月25日)
福島第1原発事故 ダム底、高濃度セシウム 原発周辺、10カ所8000ベクレル超
http://mainichi.jp/articles/20160925/ddm/001/040/178000c
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66122625.html

原発賠償関西訴訟 KANSAI サポーターズ
原発事故避難者への住宅支援の継続を求める意見書
http://kansapo.jugem.jp/?page=2&month=201607
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66119900.html

京都府向日市
向日市議会平成 28 年第 3 回定例会
http://www.city.muko.kyoto.jp/kurashi/shisei/shigikai/2/h28/1471925680419.html
意見書 21 福島原発事故による避難者の住宅支援継続を求め意見書 (2016年9月20日可決)
http://www.city.muko.kyoto.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/40/h28.i21.pdf
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66115616.html

(原発賠償京都訴訟原告を支援する会MLより)

原発事故による避難者用無償住宅支援の延長を行うことを求める意見書(案) (9月23日可決)
 
東京電力福島第一原発事故から5年がたちました。いまだ事故は収束していません。原発から放出された大量の放射性物質は、福島県はもとより東日本一帯に深刻な汚染をもたらし、多くの国民が無用な被曝にさらされています。
昨年6月12日、政府は「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」を遅くとも 2017 年3月までに解除する方針を決定、ことし7月には、南相馬市の年間 50 ミリシーベルト未満の地域まで解除しました。「復興の加速化」のもと、住民帰還を進め、広域避難者への住宅支援の 2017 年3月打ち切り、精神的賠償の 2018 年3月打ち切りという、原発事故被災者に衝撃を与える方針を打ち出しました。さらに福島県は、政府に対し「帰還困難区域」の具体的な見直し方針についての提示をしています。しかし、多くの自主避難者、特に小さな子供の親たちは避難の継続を希望しています。生計維持者を避難元等に残した母子避難者世帯を中心に生活費がかさんでおり、住宅が無償でなくなれば避難の継続は困難です。せめて、義務教育期間の安定した生活の場の確保を願っています。
避難が必須であるとの考え方も根強くあることから、個人の事情を十分考慮し、安心して避難生活を続けるために、無償の住宅を安定して提供することがぜひとも必要となります。
また、年間 20 ミリシーベルトという基準に対する批判の声も上がっています。国際放射線防護委員会 (ICRP) による勧告、また国内法法令による公衆の年間の線量限度は1ミリシーベルトであることから、20 ミリシーベルトを避難・帰還の基準とすることは国内外から批判されています。最低限、国際的な勧告にもとづく公衆の被曝限度である年間1ミリシーベルトを満たすまでは、賠償や支援を維持すべきです。
よって、避難者の立場に立ち、原発事故による避難者用無償住宅支援の延長を行うことをここに強く求めます。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
平成28年9月23日
福島県南相馬市議会議長 平田  武 
衆議院議長 様
参議院議長 様
内閣総理大臣 様
復興大臣   様
福島県知事 様
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(未確認情報)

山形県では、9/22 時点で、米沢市、山形市、上山市、白鷹町、南陽市、尾花沢市、東根市、寒河江市、村山市、酒田市が本会議で採択されたそうです。2、3日中に、川西町、高畠町、鶴岡市が採択される予定。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66115490.html

民の声新聞 (2016年9月24日)
【ふるさとを返せ 津島原発訴訟】 裁判官ももらい泣きした 2 人の母の意見陳述。
「失ったものを償って欲しい」~第 3 回口頭弁論
http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66099870.html

(参考)
国連人権制度の活用と国内法制度の改善(IMADR)
http://imadr.net/activity/un/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
沖縄タイムス:http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/63030
琉球新報:http://ryukyushimpo.jp/news/entry-361280.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66077783.html

20160906 UPLAN 南相馬・20ミリシーベルト撤回訴訟原告団新宿駅西口街宣
https://www.youtube.com/watch?v=ZhWZS2rXfZk
「南相馬市民だけの問題ではない。どこかの原発で事故が起きたらみなさんも同じことになる。」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66056816.html

市民による「放射能汚染測定結果」(東北から広島までの各地)
http://m-epoch.com/houshanouosenjoukyou/201306~.pdf
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66050128.html

産経ニュース (2016年9月20日)
271事業者が法令違反 福島県内の除染作業
http://www.sankei.com/life/news/160920/lif1609200018-n1.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/66024757.html

↑このページのトップヘ