7 月に出された東京第五検察審査会の勝俣恒久(東京電力前会長),武藤栄(前取締役副社長),武黒一郎(元取締役副社長)らへの「起訴相当」と,小森明生(前常務取締役)への「不起訴不当」の議決を受けて,東京地検は現在,再捜査を行っています。今度こそ厳正な捜査を尽くし,被疑者 4 名を起訴することを求め福島原発告訴団は運動を続けています。
「起訴相当」の議決を受けた 3 人に対して東京地検が原則 3 カ月内に起訴,あるいは不起訴処分をしない場合は,再度,東京・検察審査会が審査することになっています。
10 月は東京地検が起訴・不起訴の判断期日をむかえる一つの区切りです。福島原発告訴団団長の武藤類子さん(福島県三春町在住)を迎えて講演会を開きます。ぜひご参加ください。


10 月 24 日 (金) 午後 6 時 30 分~8 時
ハートピア京都
http://heartpia-kyoto.jp/access/access.html
参加費 1,000円
主催 福島原発告訴団関西支部
といあわせ先 NPO 法人 市民環境研究所 Tel: 075-711-4832


記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/14190507.html